短期融資 長期融資 金利

短期融資か長期融資かで金利の選び方が異なる

融資というのはそれぞれの状況において完済できるまでの期間が異なるものです。
融資を受けてすぐに返済できる短期融資の場合と大口融資など長期融資の場合では、
返済期間が異なるので金利の選び方が違ってきます。

短期融資を受ける場合は何よりもすぐに返済できるという強みがあるので、
やや金利が高いところでも、金利分はそれほど大きな負担とはなり難いです。
金融会社によっては、短期返済に限った無利息サービスを行っている業者もあるので、
これを利用するというのもよい方法です。

長期融資の場合でも、こうした無利息サービスを利用することで、
その期間中に返済できる分の負担を軽減することには繋がりますが、
無利息期間内に完済することは難しいので、やはりしっかりと低金利な借入先を利用することが重要となります。
特に長期融資では、大きな金額を借りるケースが多いので、しっかりと少しでも金利が低い会社を選ばなければ、
返済期間からしてもかなり高い利息となり、負担が重くなってしまいます。

短期融資 金利が高めでも負担は少ない
長期融資 負担は大きくなるのでより低金利な業者が有利

このように短期融資や長期融資は金利の選び方が異なるので、
自分がどのくらいの期間で完済し終えることができるのかをしっかりと考えること、
そして好ましい金利を探して申し込みをすることが大切です。

また、余談として短期融資で上記のように無利息を利用する場合は完済後も
融資を受ける可能性があるのかどうかをしっかりと考えておき、
それによっては解約をすることも大事になってきます。
しっかりと検討して判断したいものです。

もっとも金利負担の小さい一括返済

利用者の経済状況にもよりますが、一括返済が可能な金額の借入れであるなら、
数回にわけて返済するよりも、一括返済を選択したほうが、
金利負担分を確実に小さくすることができます。

当然ですが金利は、借入れ期間が長ければ長い程に、高く付いてしまうものです。
なので分割等で借入れ期間を長期間するよりも、
次の給料日で一括返済するという方法を選択した方が、返済額は少なく済んでお得です。

全額を一括返済するのが厳しいという場合であれば、
無理のない範囲で月々返済しながら、余裕があるときに繰り上げ返済を行うことも、
金利負担を減らすには有効な返済方法であるといえます。

COPYRIGHT© 2014 金利で選ぶカードローン ALL RIGHTS RESERVED.